2005年07月04日

「CBR150R」

Sponsored Links
amazon.co.jp
amazon.co.jp




[バイク]第1回 Myブーム
べき第1回にも関わらず愛車のKSR-IIを紹介しない。まぁ3年目の倦怠期というやつですよ。(誰に言いわkそれはさておき、今のMyブームはCBR150R!タイバイクでメーターが220km/hまで刻まれている!!もちろんそんな速度は出ない。いやカタパルト

本気で欲しいんだよなー
最近CSSの野鯖がすっげー楽しい、まぁそれは置いて。あー、っと......CBR150R欲っしーーーーーーーーーーーーーーいいいいいい!!!!!!!!もうCBRがついたらなんでも良し!待ってろよ中型免許!!15日に絶対受かってやるからなー!!終

カブが新しくなった
俺が新聞奨学生であることは以前にも書いたけれど、その仕事で使っているカブが新しくなった。

いま、会いにゆきまし
昨日は山梨県西部へツーリングに行ってきた。

CBR125R@バロンのチラシ
少し前に実家に戻ったときに、レッドバロンの折込チラシを見つけたので持って帰ってきた。

検証 CBR150R typeR
先日発売が開始された、エンデュランスオリジナルモデルのCBR150Rである、CBR150RtypeR。俺も速報として記事にしたけれど、このバイクを更にもう少し調べてみた。

暗雲の切れ間より光明さす
人はいつの間にか自分に枠をつくり、その中で必死になって悩むんだと思う。しかも悩めば悩むほど、枠は自分に向かって迫ってくるから厄介だ。

暗雲垂れ込める
CBR150Rの動画を作るぞ、と息巻いたもののなかなかうまくいかない。

Dear my friends.
追いかけてくれた事を知ったときは嬉しさのあまりなきそうになりました。本当に有難う!今度ツーリングにでも行きましょう。カブとCBR150Rでは不釣合いですが。>>三島で会ったお父さんお子さんと連れ立って態々来てくださり本当に有難うございました。あの時お

The future hangs in Asian rider
「さて、次は中国の話題です。いま中国では、日本の意外なモノが流行しているそうです。やいり記者の報告です。」--なんて感じで、TVニュースで中国の話題を扱うときなんかは、北京の天安門広場前などの大通りを、自転車が道路一面埋め尽くす映像をよく見た覚え

売れてる介護用品
Sponsored Links bgColor=#ffffff border=0> href=

モータースポーツファンの見た「エンジン
4月からスタートした木村拓哉主演のフジテレビ月9ドラマ「エンジン」。放送は既に3回を終え、だいたいの作品像が見えてきた。キムタクがレーサー役を演じる、という第一報を受けて俺も記事を書き、妄想第1話なんかを残したわけだけれど、近からずも遠

和して同ぜず
香川から茨城までの道のりを、リトルカブで走破するという大学生がいたので応援に行ってきた。一昨日、彼は静岡県を走っていた。このあと三島で食事をとるかもしれないということだったので、だいたいの時間を見計らって2時間程鉄馬を走らせる

CBR150を映像にしたい
上位に位置づけられるCBRの一族でありながら(名前だけであってまったく別物だが…)、日本では知名度・乗り手ともに僅かなCBR150R。このバイクの面白さを何かで表現できないかと考えた。で、思いついたのが動画。そういうわけで、CBR150Rのプロモーションムービーを

速報 CBR150R typeR 発売
タイホンダ製バイクの輸入・販売を手がけるエンデュランスのラインナップに新たなバイクが加わった。その名は、「CBR150RtypeR」。

変わらないこと。変わり続け
「変わらないこと。変わり続けること。」RC211Vプロトタイプの写真とともに、そう銘打たれて掲載されている、ホンダの雑誌向け広告。

箱根ツーリングと浅田次郎とヴェルディ
問:「箱根」、「浅田次郎」、「ジュゼッペ・ヴェルディ」に共通するものは何か。答えはCMのあとで!

ツーリングに行きたい
最近はバイクでは行くことができないシーンへ出かけることが多くて、よく電車に乗る。

ウェルカムプラザへ行ってきた
昨日、ハードスケジュールな中、なんとか時間を作って青山にあるホンダ本社のショールーム、ウェルカムプラザへ行ってきた。

彼の命日を忘れないよう書き留め
今日は彼の命日。俺に多大な影響を与えた人物だ。あれから2年が経った。夕方、横浜へ行く用がある。少し早めに出かけて青山まで行ってこようか。


posted by gkm at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。